ハンドメイドショップの売上があがる【具体的行動まとめ】

スポンサーリンク
ハンドメイド

ハンドメイドショップを始めた

初期の頃

とにかく

今からお伝えすることを

徹底的にやることに集中

してください

 

 

 

 

それが今後の売上アップに

必ず反映されます

 

 

 

 

[スポンサーリンク]


 

 

 

スポンサーリンク

ハンドメイドショップの売上があがる【具体的行動まとめ】

 

 

IMG_3687

 

 

 

sold outの画面を増やしましょう!

 

 

 

 

あなたが

他のショップで

商品を買うときを想像してください

 

 

 

商品写真を見て可愛いなと思い

ショップのページに飛んだ時

 

 

sold outの画面

ズラっと並んでいるショップ

ひとつもないショップ

 

 

どちらのショップから買いたいでしょうか

 

 

 

5003

 
 

 

 

 

商品のクオリティーに大差がない場合

前者のショップから

買うのが

人間の心理です

 

 

 

たくさんの方が買っているショップ

ショップの信頼や付加価値

 

につながります

 

 

 

レビューももちろん読む方は

いらっしゃいますが

 

 

 

レビューを読む手間よりも

sold outの画面

ズラっと並んでいることによってショップを信頼する方が

 

お客様にとっては遥かに効率的です

 

 

 

 

IMG_9638

 
 
 

 

しかし

そのsold outの画面が手に入らないから苦労してるんだ!

という声も聞こえてきます

 

 

 

 

 

 

ショップを始めてすぐの頃は

sold outの画面がなくて当然ですよね

 

 

 

その場合は

まず

いろんな種類の

商品の写真を

ショップページにたくさん載せて

ショップページを盛り上げてください

 

 

 

 

 

よく、売れないと悩んでおられる方のページを見に行くと

ハンドメイドの商品をひとつだけ載せてあとは中古品のお写真・・・

というページをお見かけします

 

 

 

 

 

メルカリやミンネの

ネット販売は

簡単に販売ができる反面

ここの落とし穴に気がつかない

初心者ハンドメイド作家さんがたくさんいらっしゃいます

 

 

 

ネットではなく

露店に実店舗を構えるとき

たった一つの商品を机に置いて販売しませんよね?

 

 

 

 

 

 

どのショップもいろんな商品を陳列して

そこからお客様に選んでもらって

購入につながり

ひとつ

sold outの札があがります

 

 

 

そしてそのsold outを見た人が

このショップは売れてるんだと

評価を高めてくれて

気に入った物があれば

買っていく

 

 

 

という流れです

 

 

 

実店舗と流れは異なりますが

せっかく商品写真に興味を惹かれて

ショップのページに飛んできてくれたのに

 

 

そのページには

商品はひとつだけ

だったり

他の中古品と同じように並べられていたり

 

 

sold outの文字がなかったり

 

 

これでは

ショップとしての意識はまだ低いですよね

 

 

 

5003

 
 
[スポンサーリンク]

 

 
 
 

 

ハンドメイドショップは

自分が趣味で作った品物を

買ってくれるような甘い世界ではありません

 

 

 

まずは

品物を増やすことでショップを盛り上げること

 

 

 

そしてかなり値段を安くして

まずは3つ売ること

 

 

これで3つ

sold outの画面が

ショップページに並びます!

 

 

 

そういった意味でも最初は勉強代として

利益はなし、むしろマイナスでもいいので勉強代としてご購入いただけるようにしましょう

 

 

マイナス分は

sold outの文字を買ったんだと思えばいいです

 

 

 

 

 

ショップが成長すれば

後々それは回収できます

 

 

 

そしてそんな売れない頃、

実績もない頃に

買ってくださる心優しい方には利益マイナスで売ってもいいと思います

 

 

 

 

こちらが利益マイナスでもそのお客様はお金を出してくれていることには変わりないのです

 

 

 

5003

 
 
 
 

 

よく薄利多売をするな!

という言葉も目にしますが

 

それは、もう少し後の話です

 

 

 

 

初心者の頃から

原価や自分の手間の時給を計算して

利益の取れる値段設定をしようとするから

 

 

 

クオリティーと値段が釣り合わず

もしくは

ショップの信頼性と値段が釣り合わず

 

 

 

誰も買ってくれないのです

 

 

 

 

 

買ってくれない

売れない

 

というのが全ての答えです

 

 

 

 

5003

 
 

 

 

 

最初は勉強させてもらいましょう(*^^*)

 

 

 

 

ただそのお値段をつけたい気持ちも

とてもよく分かります

 

 

 

 

ハンドメイド商品1つ作るのに

材料の調達する時間や

アイディア

材料費

作った時間

愛着

 

 

いろんな要素が絡まって

高く値段をつけたくなる気持ちもとてもよく分かります

 

 

 

 

ただ、

自分ならこの値段で買うかな?

と一度自問自答してみてください

 

 

 

クォリティーや需要に対して

適性価格であるか

もう一度チェックしてみましょう

 

 

 

 

あなたが思う

その商品の適正価格より少しお安めに売ると

 

あ、安いな

 

 

ポッ

と1つ売れ

 

 

また1つ売れ・・・

 

 

と徐々にsold outの文字が増えていきます

 

 

5003

 

 

 

ある程度売れてきたらもちろん

薄利多売はおすすめしません

 

材料費+作業時間×時給

 

 

 

をいただくようにしましょう

あなたの時給が利益となるように計算しましょう

 

 

 

 

 

 

お値段もそうですが

写真の撮り方や説明文の書き方については

こちらの記事をご参考になっていただければ嬉しいです

 

 

[人気記事]

【禁止】ハンドメイド販売で説明文に書いてはいけないワースト3
【禁止】インスタグラムで絶対にやってはいけないこと7つ【ハンドメイドショップの集客方法】
【裏ワザ】メルカリでさらにハンドメイド販売を加速させる方法
【改善必須】商品が売れない着用画像ワースト3 ーハンドメイド作家のお悩み解決ー
【徹底解説】売れるハンドメイド作家になるための基礎知識13項目【チェックリスト】
 

 

 

 

 

 

[スポンサーリンク]


 

 

 

今回の授業は

いかがでしたでしょうか(*^^*)

ハンドメイド大学への入学は

フォローボタンを押すだけ♡

月の売上が10万円を超えましたら当ブログは卒業してくださいね♡

みなさまのさらなるご活躍を心よりお祈りしております♡

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました